読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

總本家 大諸居拓吾郎商店はてな店様駐車場内臨時露店

〈現実〉戦後バラック闇市風味(理想は激渋昭和りんご飴露店風)露店から、 当方の所感特輯を発信をばさせて頂きます。

国民保護北朝鮮アメリカ避難ミサイル。これから考え変えてゆくべき事を‥考える・その3

 

4月30日(1945年)はヒトラー総統が自決した日でした。
それにより、日本はほぼ孤立し、敗戦までの間多数の連合国側の敵を一手に引き受けて、沖縄その他各地で最後の数ヶ月の敢闘を行いました。
 
ドイツが脱落し、ただ一国で世界を敵に回して絶望的な戦況と激しい本土空襲の中で、本土決戦を準備し一億玉砕を叫び、どんなにか不安で心細かったことでしょう。
 
自分の親父が子供だった時、国民学校か私立の小学校かは知りませんが、ヒットラー総統戦死の新聞記事やラジオニュースの後、程(ほど)なくしてドイツが降伏してしまった時に、津軽弘前で叔父さんが「ドイツ人にゃ大和魂が無いからなあ‥!‥」と言ったと‥。
 
しかしその言葉を今になって考える時、共に闘う仲間を喪(うしな)った言い様の無い寂しさと枢軸側が日本ただ一国になってしまったという何とも言えぬ不安が読み取れ、その心情に思いを馳せる時、泣けてくるのであります。
 
 
 
 
 
そのような目に再び遭わぬよう、軍と兵を殊更(ことさら)に避け辻褄(つじつま)の合わぬ事は呼び名を変えて、超大国の庇護の下なんとか経済と技術の大国として今まで存立させてきたつもりであるのに、一体この精神力の脆(もろ)さは何なのか、とようやくに気付くに至った2017年の春です。
 
 
下に続きます

 

oomoroitakugoro.blog.fc2.com

 

広告提供   株式会社フュージョンアンドリレーションズ(新宿)

 

f:id:oomoroitakugoro:20170501011904p:plain
f:id:oomoroitakugoro:20170501013324j:plain
命を懸けている男がたまらなく好きな20~30代の独身女子へ
結婚を希望する25~49歳の全国独身男子現役自衛隊員殿へ
f:id:oomoroitakugoro:20170501024057j:plain
該当女性と該当男子隊員殿へ 登録し婚活をしてみませんか

 

日本国籍を有する写真審査を通過した20~30代迄の独身女性(隊員と結婚を希望)に

f:id:oomoroitakugoro:20170501030600p:plain

 

結婚を希望している25~49歳(中心は30代隊員)迄の独身男子現役自衛隊員殿に

f:id:oomoroitakugoro:20170501030716p:plain

自衛隊員に特化し1対1でのマッチングにより女性がペースを保てる
男子隊員は女性が写真審査を通過し隊員との結婚希望だから有利
東名阪の陸海空各自衛隊30代男子隊員が中心です
該当女子殿と該当男子隊員殿へ 貴重な今を賭けてみませんか

 

クリックして紹介サービスのページに入れます
クリックして紹介サービスのページに入れます

 

 
さて、前回箇条書きにて表示しました課題について、ごく簡単に書いて行きたいと考えます。
今回その3では、
 
警察力を除いた内務省を再組織すべきか

 

まずこの辺から簡易に記します。
何故小市民がこのような空論?をこの場に展開しようとしているのか。
それは以前から漠然と思いついていたものを、今回時勢を得て勝手に提言したくなったからであります。従って具体的なレベルに達せず、口火を切る為の一意見です。
 
 
では、警察力を除いた内務省を再組織すべきか  を。
 
 
内務省』と聞いてアレルギーを起こす人も少なくないと思います。治安維持、国民の監視、取締り、検閲、思想運動と精神教育、GHQに消滅させられた官庁、国家神道等々々‥。
 
警察権を所持し、特高(とっこう)警察や治安維持法で悪名?高い官庁という知識。
しかし当時帝国主義の油断のならない世界の中にあって、国家体制を革命によって転覆させんとする危険思想を強権でもって取り締まった事については、今の感覚で論じてもおよそ正論とは言えぬ為に、特高憲兵は特別として内務省に関して、浅い知識で可も不可も無きと思っています。
 
何故(なにゆえ)にこのような(今の感覚で)物騒なGHQに消されたような官庁の名を取り上げようとしているのか。
 
知識も浅いながら参考資料によれば『旧内務省』の現在は、
内閣官房系の一部総務省国土交通省公安調査庁警察庁文化庁神社本庁 などに分かれているとなっています。
 
『公安庁、警察庁文化庁神社庁』この辺りが今尚アレルギーになってくると思われます。特高、警察、検閲、国家神道を連想させると思われます。
 
従ってこれら4庁は今後日本が窮地に陥る手前までは、『新内務省』から取り除いた方が賢明と考えます。
 
広く国民に、発言の自由の規制取締りを連想されては、『新内務省』の理解と賛助はほぼ得られぬだろうからであります。
 
4庁を除く残りの省庁を結集し、新内務省を発足します。
 
そして一つは、今は無きこの官庁の『圧力を連想させる』その力に期待をしています。
 
短期間に大事業を成す必要がある時、派閥の強い細々(こまごま)と分かれた各官庁団体に強い強制圧力と矯正を伴った力を発揮し、以って大事を為(な)さしむる。これにあります。
 
現在全国各地に地下壕の建設や基幹産業の地下工場化、原発他の発電所類をどうするのか(地下化できるのか)などは真剣に討議されているものと考えます。
f:id:oomoroitakugoro:20170418175042j:plain
しかしながら九割方政治の中心である東京はオリンピックを控えており、他にも大地震対策や各種テロ対策、経済政策や農業政策、高齢化対策に少子化対策天皇陛下が譲位される御事と元号改元に伴う件、防衛、難民を含む外国人受入対策等々々‥課題は多いと思います。
 
時間とお金に余裕のない中、地下壕の建設などは中々進まないものと予想出来ます。
 
重要といえども、いつどんな規模で起こるか分からないものはたらい回しになり建設の実施は滞るのではないか、と。
 
壕のようなものは市民会館ホールのように市区町村に1ヶ所程度あってもしょうがないもので、10分いや数分で避難完了などと云うならば、それこそ全国に何十万何百万ヶ所も必要であると考えます。
 
そのような大それた事業を短期間で行おうかとする時、諸省庁に強力に音頭取りをする『内務省』なる名前を冠する官庁は要るのではないのか、と。
 
それから二つ目は、(新)内務省側から見て、《 一部不遜住民が知るに警察権を放棄している筈ではあるが、内務省という以上は、裏で繋(つな)がっているのではないかとあらぬ勘(かん)ぐりをしてくれれば無言の圧力となり 》諸々の国内の抑止力、治安維持に効果は少なからぬだろうこと。
 
反対に国民一般側から見て、細々と分かれた省庁では良く判らない為、知らぬ間に興味も持たぬ間に(或る意味)勝手に色々決められて、それが知らぬ間に実施されている事をかなり後になってから知るという怖さを減ずる意図を有する。
内務省界隈で何か法制が決まったみたいやぞ』となれば、国民一般に強く関わる事として注意深く或る意味、権力を見え易くする為に、(新)内務省として省庁を纏(まと)める事には意味がある、と考えます。
 
内務省』に関する勝手な口火意見は、簡単ではありますが以上であります。
 
前回記事なども併せて確認されると、話の筋を捉えて頂けると思っています。
次の世代には花も嵐も待っているのではないかと考え、余計にこれから官僚になったり政治家になったりする若い人も口火意見を読んでくれればいいなと思っています。
 
それでは次回以降も前回記事の箇条書きの課題を続けて行く予定にします。

 

 

広告提供   色々の興味深い商品を持つ企業