總本家 大諸居拓吾郎商店はてな店様駐車場内臨時露店

当方からの『所感』と『広告』よ 必要とする方へ届け!!

レイアウト崩壊修理中の為、お騒がせしています
☆  ☆  ☆
 このブログは、9/19にテーマ(テンプレート)を換えました。そうしてPC閲覧時にも、1カラムのブログと成りましたので報告します。従来右カラムだったサイド欄は、全て(記事一覧、プロフィール、サイド欄の広告等々)最下部に移動しました。 また、記事の表示が妙な箇所が更に増えて、ほとんどの記事の表示がおかしくなっています。細々と修理していきます。 m(__)m 

我ら一億をすごく怒らせてしまった小林遼が唯一許される、その道を考える

 
もう5月中旬、下旬に差し掛かりそうなそんな時です。
先日迄は暑かったっ!逆に東北などは大雨で低温でしたね。それでは題の通り、5月14日に小林遼容疑者が逮捕された新潟小2女児殺害事件について。
我ら一億をすごく怒らせてしまった小林遼が唯一許される、その道を考える のタイトルで、3人で不勉強ですが小児性愛犯罪を放談していきます。
 
アイドルよ、もっともっとこの人種に構ったれよ、冷たくあしらわれたその逆恨みが一般の子供たちに向けられてんのちゃうか、との声も聞く‥。
ロリコンの3次元のアイドル担当かつ温もり担当は君らのはずやで、一般の幼児や小学生とはちゃうんやで。狂気を産ませず手綱を頼む。
 
 
《C次郎》 今晩はー、L男と店長代理そしてC次郎三名でお送りします。この空想域の放談の断片が、正しい日本社会の動力の一片にでもなれば御の字。さてそれではさっそく宜しくねがいますー。
遺族から目と鼻の先で線路に女児遺体を遺棄、電車に遺体を損壊させ女児を人形のごとく扱った事は一億国民を激高させかつ大きな不安に陥れました
ズレている事も少なからぬ司法判断に関係無く今回の国民感情から、その罪は死刑相当な訳なんですが‥。
しかし、この若い男の意外に感じた風貌と地元新潟からの人物評より、今後のモデルケースとしてもし、もしも許せるとしたらその道をどうするか‥。
再犯するだろうこの性癖は、刑期を終え今までの様に単に野に放つのでなく、どの様な第二の人生を課すなら一億国民に許されるか、等を考えます。
 
《L男》 自分は絶海の孤島に隔離すればいい、などと安易に考えていました‥。がそんなあかん意見よりも、先程店長代理から託されました意見があって、それが叩き台には適しそうやと感じますので、それを紹介します。
これは、上リンク兄弟ブログの管理者かつこの後にも登場予定の店長代理が、(上リンク記事で怒っている記事を2つ書いたし、今回は別の事を話したいから反対の意見が浮かんだがこれは、L男に託したい)という事でした。
もし司法により今後出所が出来た時、(子供を人形のごとく殺し、扱い)現在の国民感情としては社会的に第二の人生などあるはずもないのです。
がしかし世論を多少萎えさせた実績を持つ得な風貌から、(司法的に第二の人生があった場合)以後の社会での唯一の道は同種事件のモデルケースとなる、かつ対子供への犯罪を滅ぼす広告塔として生きるのなら、という粗案です。
その道は、対子供への犯罪撲滅活動に生涯を捧げる事。
小児性愛犯罪者撲滅の語り部(の第1号)となる事
司法や警察の管轄下に、それを生業として全国で活動。
元犯罪者GPS体内埋め込み(第一号となり)模範を示す。
思想的に日本の国体に絶対忠誠を誓い、模範を示す。
他には、小児性愛犯罪撲滅の広告塔として、積極的にテレビ等にも出演し、執筆出版や講演会を主に全国で広く活躍する。そこで稼いだ収入で、遺族への賠償並びに社会への寄付、そして自身の親兄弟親族への孝行をする。
特に性癖は表社会的にタブーなものであるし、ましてや小児に対するそれは倫理的に許されないに決まっている事は、昔から今後まで変わらない。
核心部は広く公開し社会に役立つべき。『何故にGW明けに突如として今までの社会人人生と家族を棄て、初の無断欠勤を行い背水の陣を敷いてまで生まれ育った街で凶行に到る事を、妄想に留めず決行したのか』を。
また可能ならば23年間の自身の生い立ちから親の教育と兄弟との関係、思想信条それから小学校から高校生活、社会人生活の影響なども語る。
社会から忌避されひっそりと社会に隠れて孤立するのでなく、何が間違っていて何は間違っていなかったかを社会に伝え、社会の皆がやっている『妄想でとどめること』をよこしまな計画者に強く訴えていく活動で生きる。
それにより自戒書や防犯指南、思想書等々の執筆活動も出来、日本の対子供への犯罪撲滅に生涯を捧げる事によりやがては一億国民から許され、また一族と自身の尊厳を取り戻す事をも得るのではないか。という粗案でした。
 
《C次郎》 いやいや、これは‥有りそうで無かった妙案とちゃいますか。世の中的反応は分かりませんが、人形として扱った女児の霊に赦しを請うて、自身の以後の人生は防犯人形として社会に捧ぐ、と。いう事かな?
 
《L男》 そ、そういう事‥やな(うまいこと表現したな‥)。
一昔前なら元殺人犯がテレビ等"文化人"で活動する案なんて考えられへんかった訳やけど、社会不安を引き起こしてなお嫌われにくい雰囲気を生じさせた責任を取っての超法規的特別枠、という事ですので。
 
《C次郎》 なるほど。ではトイレから戻って来た店長代理氏どうぞ。
 
《店長代理》 今晩はー。この小林遼容疑者はもしも社会に戻ってくるとしても、何十年も後の事かも知れません。だからこの粗案のイメージは、同者だけに限ったものでもありません。
 
《L男》 え、そうなん?ほな言うてくれな判れへんやん。
 
《店長代理》 言う必要もなし。刑期はある程度予測して当然、言外の意を酌(く)むのも当然。もっと勉強してェくだっさぁ~い!
 
《L男》 (コ‥コロス)
 
《店長代理》 えー、それでこのー今回の事件ではいくつか記事を書き、人の記事を読みそしてこの様に感じています。特に幼児と小学生あと中学生に対する『小児性愛犯罪』は、『出口のない海』だと今回想像しました‥。
これは深刻過ぎる悩み‥だと。幼児や小学生との性的接触など倫理的に金輪際許されるはずもないから。従ってアニメの世界でしかその表現がない。
だからこれは現実世界に許されないヤバい病気であって、当人の大人の女性(もしくは男性?)に興味を持てないその悩みは相当なものであると思う。
この異常性愛を絶ち、大人の女性に興味を持たせ完治させる治療プログラムはおそらく現在日本に無い以上、その発展も無かったのだとしたなら‥。
現状で唯一のはけ口と想像する(ロリコン)アニメを規制する事は、現実の代替品(2次元)も取り上げてしまう事であると思われ、出口のない海に何故にさらに堰(せき)を設けるか、と良く分からないながら危険な愚策だと感じます。
倫理的に当然不許可ですのでAVや風俗さえ(18歳以下当然不許可)無いもので、アニメに妄想を膨らますというよりアニメのみにて性欲を処理し何とか擬似正常性を保ち耐え忍んでいるものと考えるのであります。
 
《L男》 アニメやあとフィギュアなんかは、薬なんやと‥精神安定剤なんやとそっち系の人に聞いたような聞かんかったような‥。
これがないと、死ぬというか生きていかれへんのやと‥死活問題やね。『精神安定剤』を奪って、カンフル剤を与えるのなら‥起爆してまうでー。
気をつけなはれや~ って事かな?
 
《C次郎》 ほう‥そうしたら『妄想で処理』の一線を超えて、現実の子供に何かしようとすると即不審者・犯罪者になる訳やけど、何で堪えきられへんのやろうか‥。何で子供を殺すとか刹那的な犯罪行動を起こすんやろか。
『許されない禁断の恋』みたいに、また『生涯隠し通すべき異常性欲』として仮面をかぶり、何でなんとか墓場まで隠し通して持っていく事が出来ひんのやろか‥。何でアンダーグラウンドを表にさらけ出すんや‥。
 
《店長代理》 フランスAFP通信社過去記事www.afpbb.com
日本にあるかは不明、ドイツにはこういうのがあるらしい。小さい子は(性犯罪者の)大人に抵抗出来ないし、最優先で守られねばならないのにな‥。
子供だと絶対に言うなと脅しても親や先生に報告し、発覚するのをおそれて殺すのだと専門家らしい記事で見た。防犯ブザー等大人に知らせ抵抗する防犯教育オンリーだと、高い確率でただ殺されてしまうのでないかと思う。
一旦その場で周りを見て無理そうな時は抵抗せぬ方法もあるにはあるんだよ、とここは涙を呑んで生きて解放される為の防犯教育をも要ると感ずる。
 
《L男》 その辺は自分も気になっていたであります。抵抗はあくまで秘密裏に。建前で抵抗しないそぶりを見せて裏で自動的に秘密抵抗するという‥。
防犯ブザー、というかGPS機能や自動秘密通報機能を付け、慈善事業や社会奉仕という社会還元扱いで、低価格で学校に卸すべき時機到るであります。
(東芝はこれをやれば、再び社会のヒーローであります)。
 
《店長代理》 悲しいけれど抵抗純潔最優先を場合によっては横に置いて、幼い子供の為生還を優先するのは割と緊急課題かもです。
 
《L男》 ‥それはホンマに必要な教育かも知れんな‥悲しいが。しかし一方的に守るだけやなく攻めも必要やと思うけどね‥。
 
《店長代理》 ‥。いつの間にか急速に精神の病が社会認知された様に、小児性愛も一歩踏み出すだけで即危険な子供をねらう犯罪者になってしまうのだから、急ぎ社会認知と公開を進めていかねばならない、と強く思います。
一昔前なら考えも及ばぬ事でしたが、性の解放が急速に進む現代に、時ここに到るも未だ小児性愛者は苦しんでいるのでしょう。お互いの安寧の為職場や役所等においても理解を進めるよう急速整備する必要があるのでは。
(病院などは公開登録される全患者の治療に全力を挙げねばならない、と思う。本人が大人の女性(男性)と恋愛や出来れば結婚まで出来るように)。
倫理的に許されない子供を愛して苦しむその『出口のない海』を、適切な治療によってどんどん『干拓』していって、海(あるいは膿み)を無くしてついには解放してあげる。それが今すぐ必要かと思います。
 
《C次郎》 出口のない海(膿み)か‥。自分はこの表現は中々悪くないと思うで。そう考えると放っておいていい分野で無いのは良く分かるよな。
 
《L男》 小児性愛者か‥。今まで昭和からのロリコンとかオタクとかの伝統的認識で軽く考えてたけど、コミケとかも精神安定剤を手に入れる為と考えるならもっと深刻な問題やったんかな、と思いました。
そういう人たちは今記事を見たらどう思うのか、病気なのか性癖なのか。『余計なお世話』or『よく言うた』かは多少は気掛かりです。
 
 
店長代理&L男&C次郎